その他

プロフィール紹介文の作り方 | ブライダル司会者が作る結婚式・披露宴での紹介文・定型文とその内容とは?

ブライダル司会者の大きな仕事の一つが、プロフィール紹介文の作成です。

なちゃ
なちゃ
この記事では、プロフィール紹介文について詳しく解説していきます。

プロフィール紹介文とは?

披露宴で紹介する新郎新婦のプロフィールのこと。

なちゃ
なちゃ
司会者が新郎新婦からいただいた情報をもとにプロフィール紹介文を作成し、おふたりに納得していただいた内容で当日ご紹介します。

プロフィール紹介文を読むタイミングは?

  1. ウェルカムスピーチの後すぐ
  2. 乾杯酒の準備中(乾杯前)
  3. 乾杯後にお料理が運ばれるタイミング(祝宴スタート時)
なちゃ
なちゃ
これ以外の場合もありますが、基本的にはこの3つのタイミングがほとんどです。

「会場が静かな中、プロフィール紹介の内容をしっかり聞いていただきたい」というおふたりには、ウェルカムスピーチの後すぐ、または、乾杯酒の準備中(乾杯前)

逆に、「ワイワイした雰囲気の中で、さらっとプロフィールを聞いていただきたい」というおふたりには、乾杯後にお料理が運ばれるタイミング(祝宴スタート時)がおすすめです。

会場によっては、プロフィール紹介文を入れるタイミングが決まっている場合もあります。

プロフィール紹介文の長さはどれくらい?

  • A4の紙1枚におさまる長さ
  • 文字数「約900文字〜1300文字」
  • 時間「約3-4分」で読み終わる長さ

プロフィール紹介文は、このくらいのボリュームに仕上げるのがベストだと言われています。

これ以上短いと、乾杯酒の準備が整うまでに、紹介が終わってしまう可能性があり、その場合、つなぎの言葉を入れなければなりません。

逆にこれ以上長いと、乾杯酒が整っているのに、ゲストをお待たせしてしまうことになりかねません。

なちゃ
なちゃ
一度プロフィール紹介文を作成してみて、自分でタイムを測りながら読み上げてみるのもおすすめです。

プロフィール紹介文の紹介内容とは?

  1. 新郎の紹介
  2. 新婦の紹介
  3. お二人の馴れ初めの紹介

プロフィール紹介文は、この順番で段落分けして作るのがスタンダードな作り方です。

ただ、「絶対にこれを入れなければならない」というルールはないので、おふたりの希望に合わせて、ニュアンスや言い回しを考えるのがベストです。

プロフィール紹介文・具体的な内容

新郎の紹介

  1. 名前・誕生日・出身地・家族構成
  2. 小さい頃の性格
  3. 学生時代の過ごし方や打ち込んだこと
  4. 現在のお仕事や趣味・特技

新婦の紹介

  1. 名前・誕生日・出身地・家族構成
  2. 小さい頃の性格
  3. 学生時代の過ごし方や打ち込んだこと
  4. 現在のお仕事や趣味・特技

おふたりの馴れ初めの紹介

  1. 出会った場所や時期
  2. 当時の第一印象
  3. 初デートの場所や当時の思い出
  4. お互いの好きなところ
  5. プロポーズの話・入籍日
  6. 将来の家庭像など

馴れ初めの段落は、特に自由度が高いので、おふたりが入れたい内容を優先的に組み込んでいきます。

なちゃ
なちゃ
おふたりがお話くださった内容をそのまま紹介するのではなく、司会者として、マイクを通して話てもおかしくない言葉使い・単語に置き換えるのも大切なポイントです。
RELATED POST
その他

女性司会者の衣装紹介|現役ブライダル司会者が教える!シーンを選ばずに使えるジャケットスーツ・ワンピース特集

2019-05-17
司会者ポータル|司会者のための情報サイト
披露宴や式典で司会をするとき、何を着ればいいの? みんな、どんな服装をしてるんだろう? 司会者の衣装って、世代で意見が違ったり、 …
その他

披露宴・ブライダル司会のスタンダードな流れと各進行(当日のスケジュール)の具体的な内容とは?

2019-04-06
司会者ポータル|司会者のための情報サイト
披露宴の司会をするにあたって、どういった流れがスタンダードで、各進行(スケジュール)の中で、どんなアナウンスすればいいのか。 もちろん …